[K-POP] 少女時代ヒョヨンの暴行疑惑、事務所が釈明

ガールズグループ少女時代のヒョヨンが暴行の疑いで警察に調査を受けたが、無嫌疑の処分となった。

ソウル・龍山(ヨンサン)警察署は1日、ヒョヨンとふざけ合っていたところ、彼女に殴られたというA氏(男性)の通報を受け、ヒョヨンを調査したと明らかにした。
警察によるとヒョヨンは先月30日午前0時30分頃、ソウル・龍山区西氷庫洞(ソビンゴドン)にある知人宅の2階で、知人に「1階に飛ぶよ!」とふざけ、それを止めさせようとするA氏の手を振り切った。その過程でA氏はヒョヨンの指に目元を叩かれ、警察に通報した。

これについて所属事務所のSMエンターテインメント側は1日午後、報道資料を通じて「ヒョヨンが知人らと同席していたところ、その中の1人とふざけ合ったのが多少過激になって、誤解が生じて警察に通報される状況が発生したが、相手の方とはすぐに誤解を解いて、単純なハプニングで終わった」として「警察からは、過度ないたずらやふざけ合いはしないよう注意された。今後誤解を招くような行動はしないように気をつける」と明らかにした。

写真=eNEWS DB

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 02日 08:11