[K-POP] SUPER JUNIOR-Mの新曲「SWING」、世界的ダンスチームNappy Tabsが振付を担当

新しいミニアルバムで派手にカムバックしたSUPER JUNIOR-Mのタイトル曲「SWING」のパフォーマンスが話題だ。

今回の新曲「SWING」は、R&Bとエレクトロサウンドが融合したポップダンス曲で、これに先立ち公開されていた中国語バージョンのミュージックビデオには、エネルギー溢れる音楽とSUPER JUNIOR-Mのダイナミックなパフォーマンスが収められており、多くのアジアファンから注目が集まっている。

特に「SWING」のダンスは、仕事や日常の疲れをかっこよく吹っ飛ばそうという歌詞の内容に合わせ、机や椅子などを活用した“オフィスパフォーマンス”であり、ミュージカルのような派手な構成の振り付けで関心を集めている。

さらにパワフルなダンスブレイクやタオルを使った振り付け、躍動感のあるダンスにメンバー達の息の合った動きが加わり、一層差別化されたパフォーマンスにより、今回の活動にも期待が集まっている。

この「SWING」のパフォーマンスは、マドンナ、クリスティーナ・アギレラ、ジェニファー・ロペスなどの有名スターをはじめとし、BoAの「Only One」、東方神起の「Spellbound」などの振り付けを担当した世界的なダンスチームNappyTabsの作品であり、今回のSUPER JUNIOR-Mならではの魅力を楽しむことのできる新鮮なダンスに仕上がっている。

一方、SUPER JUNIOR-Mは27日のMnet『M COUNTDOWN』、28日のKBS『ミュージックバンク』、30日のSBS『人気歌謡』などの各種音楽番組に出演し、「SWING」のステージを披露する。韓国国内でも活発に活動する予定であり、ファンからの期待が集まっている。

SUPER JUNIOR-Mの新しいミニアルバム『SWING』は、31日に韓国国内で発売される。

(写真=SMエンターテイメント提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 26日 13:34