[K-POP] もうセクシーコンセプトは飽きた?「マント、お寿司、麻服」がやってきた!!

1月から歌謡界を熱くしていたGirl's Day、AOA、STELLERなどのガールズグループの活動を終了し、セクシーコンセプトブームの終わりが見えている。NSユンジのようにセクシーコンセプトを押し出す予定の歌手もいるが、これは一時的なものだ。これからの“流行りコンセプト”ではない。

これからは「アイディアコンセプト」が注目されている。少女時代、2NE1、SISTARのようにカムバック自体が話題になるグループではない場合、注目を集めるアイディアのポイントが必要になってくる。

代表的なアイディアコンセプトでカムバックするのは、CRAYON POPだ。昨年の「パパパ」ブームに続き、4月1日に新曲「Uh-ee」を発表する。そんなCRAYON POPの今回のコンセプトにも注目が集まっている。公開されたイメージでは、CRAYON POPは白い麻の服を着て、ゴムシューズと赤いバンダナ、靴下というスタイルである。さらにサングラスとキャリアケースをマッチさせ、個性あるスタイルを披露した。

また、ORANGE CARAMELもアイディアでは負けていない。12日に発表した新曲「Catallena」で人気を集めている。パキスタンのパンジャーブ族の民謡を借用した新曲だ。中毒性のある曲がORANGE CARAMELのイメージを見事に生かしている。お寿司を連想させるファッションも話題になっている。

そして、新人歌手TINTもなかなかだ。新曲「オオカミたちは知らない」を発表し、赤いマントコンセプトで登場した。公開されたジャケットでは、赤いマントを被ったメンバー達がリンゴを持っている。このコンセプトはステージでも披露される予定だ。この曲は男性が分かってくれない女性だけのストーリーを表現した。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 25日 17:50