[芸能] キム・ソヨン、『ロマンスが必要3』放送終了後グラビアを公開

女優キム・ソヨンが役者として成長の痛みを感じていることを告白した。

キム・ソヨンは最近、ファッション誌「marie claire Korea」4月号を通じてグラビアとインタビューを公開した。インタビューでは「ドラマ『ロマンスが必要3』を通じてプライベートと演技の両方の面で成長の痛みを感じている」とし「昔とは違ってゆっくり前進してみようかと考えてみたり、まずは自分が幸せになりたいと考えたりしている」と伝えた。

キム・ソヨンはドラマ『ロマンスが必要3』で現代のキャリアウーマンの現実と理想を投影したキャラクターであるシン・ジュヨンを熱演し、多くの視聴者の共感を呼んだ。

グラビアの中でキム・ソヨンは裸足でカメラの前に立ち、すっきりとした脚線美を誇示している。彼女の都会的な魅力と午後のゆったりとした雰囲気が目を引く1枚だ。

グラビア撮影の関係者は「率直で淡々と自分の話をするキム・ソヨンに、グラビア撮影とインタビューを見守ったすべてのスタッフが感動していた」と明かした。

キム・ソヨンはしばらく休暇を取って次期作を検討する予定だ。

写真=Namoo Actors

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 24日 12:43