[K-POP] SUPER JUNIOR-M、中国大陸を席巻!記者会見中継に107万人が接続

新ミニアルバム「SWING」でカムバックしたSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のユニットSUPER JUNIOR-M(スーパージュニア-エム)が、中国でのカムバック記者会見を成功させた。

22日午後3時、3rdミニアルバム「SWING」の発売を記念して、中国・北京の中心街であるCBD(Central Business District)に位置する大隠劇院で、SUPER JUNIOR-Mのカムバック記者会見が開かれた。

会場には中国のSINA(新浪)、SOHU(捜狐)、音悦Taiなど約70のメディア、150人余りの取材陣が参加し熱い取材競争を繰り広げた。
事前イベントを通じて特別に招待された約400人の現地ファンたちも参加し、会見はさらに熱く盛り上がった。
SUPER JUNIOR-Mをひと目見るために殺到した大勢のファンによって、会場の周辺は大混雑し、現地での人気を実感させた。

SUPER JUNIOR-Mはこの日の記者会見でカムバックの感想とニューアルバムの紹介、今後の活動計画などを伝えた。またタイトル曲「SWING」のミュージックビデオを初公開し、ファンはもちろん現地メディアからも大きな反響があった。
会見は中国のオンライン動画サイト愛奇藝(iQIYI)を通じて生中継され、約107万人が同時にアクセスしたため、一時的に接続ができなくなるほどであった。

記者会見を終えたSUPER JUNIOR-Mは午後7時30分から生放送で行われた中国初のランキング付音楽番組であるCCTV「全球中文音楽榜上榜(GLOBAL CHINESE MUSIC)」の第1回特集に出演し、タイトル曲「SWING」のカムバックステージを披露した。

SUPER JUNIOR-Mは4月初旬に韓国で放送される中国の人気音楽チャート番組「音云榜」の収録にも参加するなど、精力的な活動を繰り広げる予定だ。

写真=SMエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 24日 08:24