[芸能] 「恋に落ちた少女時代」、ストレートな質問にも堂々と回答

少女時代は12日に放送されたMBCバラエティー『ラジオスター』に出演した。9人のメンバーの内、今回のゲストとして出演したのはテヨン、ティファニー、サニー、ジェシカ、ユリの5人。MC達は今年話題を集めた“熱愛の主人公”ユナとスヨンが出演しなかったことについて残念がった。

MC達が「ユナはどうして出なかったんだ」と尋ねると、サニーは「激しく攻撃してきそうだから」と正直な理由を明かした。ユナとイ・スンギ、スヨンとチョン・ギョンホの熱愛を知っていたのかという質問に対しては、メンバー達は「私たちの間に秘密はない」と明かした。

ジェシカはこれに対し、「メンバー達に隠していて、万が一記事になってしまったらメンバー達が困惑するのではないかと思う。礼儀だと思う。恋愛することが悪いことではない」と語った。

ジェシカも過去に2PMのテギョンとの熱愛説が報道されたことに関し、困惑しながらも「友達だった」と答えた。ティファニーは「ジェシカがメンバー達に申し訳なく思っていた。私も友達だ」とフォローした。

また、MC達はユナやスヨンが彼氏と一緒に現れたりもするのかという質問をすると、少女時代は「ある。ユナが熱愛を認めた後からより気を使うようになった」と明かした。ティファニーはスヨンの彼氏チョン・ギョンホについて、「私とスヨンの周りの人はみんな知っている関係だ。もともと仲が良かったから、他の人達と一緒に会った」と明かした。

トップに立つガールズグループとして、熱愛に関する問題は敏感なものである。しかし、少女時代は正直な発言が続出することで有名な『ラジオスター』に出演し、メンバー達の熱愛に関する質問から逃げることなく、正面からぶつかった。この日出演しなかったユナとスヨンの話には慎重になりながらも、質問にはすべて答え、視聴者の注目を集めた。

熱愛だけではない。カムバックの際に問題が起きて思ったこと、お酒に関する話、AVを見ていると誤解されたというエピソードやアメリカのクラブに行った時の逸話なども明かし、笑いを誘った。また、19禁の映画を見に行って身分証のチェックをされたという話やガールズグループにとって最も敏感な体重、内緒で恋愛をしていると誤解されたエピソードなど、少女時代は正直さでもトップレベルを見せた。

(写真=MBC『ラジオスター』キャプチャー)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 13日 11:10