[芸能] ユンホ「Girl's Dayの歌と同じタイトル、お互い相乗効果だった」

3月11日に放送されたMnet(韓国Mnet)『ビートルズコード3D』では、MCシン・ドンヨプが「東方神起の「Something」の活動時にGirl's Dayも「Something」という歌を発表したから、困惑したのでは?」と尋ねた。

ユンホはこれに対し、「同じ時期に「Something」という歌が出て、僕も自分たちの歌をダウンロードしようと思ってGirl's Dayの歌をダウンロードしたこともあった。タイトルだけを見てダウンロードした。僕はお互いに相乗効果だったと思う」と話した。

また、「後輩達ともっと話が出来るようになるきっかけにもなった。発表はGirl’s Dayの「Something」が先だった。だからといってタイトルを変えようとは思わなかった」と明かした。

チャンミンは「「Something」で活動しながら良かったことがある。音楽番組の収録は普通早い時間に行く。事前収録の時に僕達が先にやって、その後にGirl’s Dayがやっていた。だから自分達のステージが終わった後にダンサー達と楽屋でGirl's Dayのステージを見た。全員起立して叫びながら熱狂した」と明かし、笑いを誘った。

(写真=Mnet『ビートルズコード3D』キャプチャー)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 12日 10:47