[K-POP] 『チンチャサナイ』ヘンリー&K.will、訓練前の遺書を読み涙

3月9日に放送されたMBC『チンチャ サナイ~男の中の男』では、訓練に出発する前に自身の書いた遺書を読み上げ、ヘンリーとK.willが涙を流した。

この日、当直の士官は「軍隊で軍紀や制式を守らなければいけないのは、国民を守るためだ。特攻隊は常に最前線に立っている。戦場に出て帰ってこれない場合もある」と言い、メンバー達に“最後の手紙”を書かせた。

ヘンリーは「僕は今軍隊にいるけど、明日とても怖いところに行かなければいけないらしい。死ぬかもしれないと言っていた。死ぬかもしれないと言われたから、言いたいことがある。まず、愛してる。次にいつも家にいなくてごめんなさい。お母さんが家の掃除してる時に手伝わなくてごめんなさい。僕が明日死ななかったら、これから家の全ての掃除をやるよ。これからもっと良い息子、弟、お兄さんになれるように努力する」と書き綴った。

また、K.willは「こうやって両親に手紙を書くということだけで心が痛い。この手紙を受け取ったら涙を流すであろう両親の姿が目に浮かぶ」と読み上げ、涙を流した。この後、K.willは「両親に手紙を書いたのが久しぶりだったから、突然うるっときた。泣いてしまってとても恥ずかしい」と語った。

そして、ヘンリーは「死ぬかもしれないと思ったのが初めてだった。突然いろんなことが頭によぎった。突然すごく悲しくなった」と感想を語った。

一方、この日の放送では不死鳥特攻大隊で新兵生活を送るヘンリーとK.willの姿が公開された。

(写真=MBC『チンチャ サナイ~男の中の男』キャプチャー)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 10日 14:36