[ドラマ] キム・スヒョン「超能力演技、周囲の視線が耐え難かった」(インタビュー)

キム・スヒョンは最近SBSドラマ『星から来たあなた』の終了時に行われたインタビューで「宇宙人の演技をしながら、特に不便に感じることはなかった」と語った。

劇中のド・ミンジュン(キム・スヒョン)は、1600年代に飛行物体に乗って地球にやってきた人物だ。それ以降韓国で400年間の時を過ごし、朝鮮時代から開花期、大韓民国になるまでの歴史を見守ってきた。

ド・ミンジュンを演技したキム・スヒョンは、年月と時間の流れを表現するのが難しかったと語る。彼は、「人間が負う傷について考えてみた。ド・ミンジュンが初めて地球に到着した時は、色々なものが不思議に見えて、好奇心旺盛だった。しかし、徐々に人々が傷つき、自身を傷つける姿を見ていく内に感情を抑えるようになってしまい、心を閉ざしてしまったように思えた。そのような部分は宇宙人も人間も同じだと思った」と話した。

ド・ミンジュンは時間を止めたり、空間移動するなどの超能力を自由自在に操った。超能力のシーンの度に目に力を入れるなどして、表現した。劇中では自然だったが、演技する側としては少し恥ずかしくもあったという。

キム・スヒョンは、「正直耐えがたい部分も多かった」と語った。彼は、「ドラマの撮影現場にはスタッフもいるし、住民の人たちもいた。みんなが見ている中で、一人で真剣に目力を使って演技をするのは簡単ではなかった」と明かした。

また、「貴重な経験だった。周りの友達に「テレビではどういう風に見えているのか」と聞いてみると、「お前が本当に超能力を使っているみたいに見える」と言われた。応援を受けながら一生懸命撮影した」と語った。

最後に、キム・スヒョンが実際に持ちたいと思う超能力は何だろうか。彼は、「時間を止める能力も良いし、空間移動する能力も良い。でも、空間移動できる能力があったらいいかもしれない。早く家に帰れるし」と笑いながら答えた。

(写真=カイスト提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 06日 12:16