[ドラマ] キム・スヒョン「チョン・ジヒョンとのキスの仕方に悩んだ」(インタビュー)

キム・スヒョンは最近SBSドラマ『星から来たあなた』の終了時に行われたインタビューで劇中でのチョン・ジヒョンとのキスシーンについて、「うまくキスをするべきか、少し慣れていな感じでキスするべきか悩んだ」と明かした。

キム・スヒョンがチョン・ジヒョンと初めてキスを交わしたのは、映画『10人の泥棒たち』だった。二人はこの作品に続き、今回の『星から来たあなた』でも数回に及ぶキスシーンを見せた。宇宙人ド・ミンジュン(キム・スヒョン)は人間の唾液や血液が体内に入ると高熱などの症状が出るという設定だった。そのため、チョン・ソンイ(チョン・ジヒョン)とキスをする度に寝込んでいた。

キム・スヒョンはこれについて、「キスをしたら気絶してしまうようなド・ミンジュンだから、うまくキスをするべきか、慣れていない感じでするべきか悩んだ。ド・ミンジュンだけを表現しようとするならば、堅苦しいド・ミンジュンだけを見せるのもありだった。しかし、キスシーンを見て、多くの人が声を上げるほどのものにできたらなと思った」と語った。

また、「そういう反応が欲しかったから、わざと角度に気をつけたりもした。とても良かったです」と恥ずかしそうに微笑みながら語った。

(写真=SBSドラマ『星から来たあなた』キャプチャー)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 03月 06日 12:16