[K-POP] TEENTOPの5年間、「メンバーの一人一人が飛躍的な成長」


TEENTOPは2月22日、23日にソウルオリンピック公園オリンピックホールで2014ワールドツアー『HIGH KICK』のソウル公演を開催した。この日、TEENTOPは約2時間40分の間ヒット曲やソロステージなどの計30曲を披露した。

デビュー5年目を迎えたTEENTOPのメンバー達は、数年間の活動で積んできた実力を余すことなく披露した。ダンス曲が多い彼らだが、バンドの伴奏に合わせ、感性溢れるバラードステージも見せた。

ソロステージでは、メンバーそれぞれの実力が輝いた。エルジョーはLil Wayneの「Mirror」でヒップホップ精神を見せ、ダンスの実力で脚光を浴びているチャンジョは、歌とダンスブレイクで男らしさを見せた。C・A・Pとニエルは「惚れろ」でラップとボーカルのコラボを披露した。

また、C・A・Pは母親に対する気持ちを込めたElectroboys feat.アン・ジェスクの「MaMa」を熱唱し、クンジョル(丁寧なお辞儀)でファンを感動させた。さらにニエルはマイケル・ジャクソンの曲でボーカルとダンスすべてを見事にこなし、印象的なステージを見せた。

また、ノウルの「プロポーズ」を歌ったリッキーは、心のこもったボーカルで高音のパートも見事にこなした。16歳にデビューし、変声期を乗り越えた少年の成長した姿で観客を驚かせた。そして、チョンジも安定したボーカルを見せた。

デビュー当時に最年少ボーイズグループだったTEENTOPは、メンバー全員の揃ったキレのあるダンスで注目を浴びていた。6人全員が一つになって踊るダンスに注目が集まっていたが、今ではメンバーそれぞれの実力も脚光を浴びている。一人一人が積み上げてきた実力が合わさって初めてTEENTOPというチームになるということを印象付けたライブとなった。

一方、ソウル公演を終えたTEENTOPは、3月にニューヨーク、LA、サンノゼ、ダラスなどのアメリカ4つの都市、4月にカナダのトロントとハンガリー、パリなどのヨーロッパ3カ国、6月に上海を含めた中国2つの都市と台湾、香港、7月に南アメリカまでワールドツアーを行う予定だ。



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 25日 14:42