[K-POP] B.A.Pが1位達成の約束を実践、ファン達と共にボランティア活動

カムバック後、わずか1週間にして音楽番組の1位を席巻しているB.A.Pがファン達との約束を実践することとなり、注目が集まっている。

2月24日、所属事務所側は最近タイトル曲「1004(Angel)」で1位を獲得し、良いことを行うと宣言していたB.A.Pが3月中に今まで縁のあった福祉団体と連携し、ファン達とボランティア活動を行う予定だと明かした。

今回のイベントは、「ファン達と共に行う」という点で注目が集まっている。普段から良い影響を与えることのできるグループを目標としてきたB.A.Pは、今回のイベントで一歩進むこととなる。「僕達がもらった愛を、本当の愛を必要とするところに伝え、より大きな愛にしていく」というのが彼らの趣旨であり、彼らを愛してくれたファン達と共に行うことによって、意味深いものとなる。

“天使(1004(Angel))に会う日”と名付けられた今回のイベントは、「天使のような子供たちに会う」という意味と「天使の心を持ったBABY(ファン)達とB.A.Pが出会う」という意味を持っている。

また、彼らのこのような活動は一時的なものではない。すでにB.A.Pは今まで開催されてきたコンサートやファンミーティングを通し、ファン達と共に自主的に寄付金を集め、ラーメン寄付などの活動を行ってきた。

B.A.Pは3月にある単独コンサート『B.A.P LIVE ON EARTH SEOUL 2014』の準備に取り組んでおり、今回のボランティア活動は今までの活動の延長でもあり、愛を分け合う活動の一環である。特に今回のコンサートは、「美しい地球を必要とする」6つのキーワードと「EARTH NEEDS」というテーマの元行われる。

一方、B.A.Pはリーダーのパン・ヨングクを皮切りにゼロ、ジョンオプ、デヒョンの順でそれぞれのシークレットキーワードが示されている個人ポスターを公開し、コンサートに期待が集まっている。

(写真=TSエンターテイメント提供)



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 24日 17:26