[芸能] 『チンチャサナイ』、ヘンリーが新教大との別れに涙「嫌だったのに悲しい」

SUPER JUNIOR-Mのヘンリーは2月23日に放送されたMBC『チンチャ サナイ~男の中の男 』で訓練所を卒業し、自隊配置(自身の所属することになる部隊を知らされること)を受けた。彼らは訓練兵ではない二等兵となり、元祖メンバー達が所属する山嶽軍団特攻大隊に向かった。

短い間だったが、同じ部隊のメンバー達に情が湧いていたヘンリーは、新教大生活館を後にしながらも心惜しい表情を隠しきれなかった。ヘンリーは「長い間一緒にいたわけではないが、情が湧いていた。おそらく人生でもう会うことのない人たちだろうと思うが、出る瞬間には足が進まなかった。悲しかった」と話した。

短くも強烈だった新教大での生活は終わった。ヘンリーは自身を苦しめていた助教にも挨拶をし、そんな助教も初めて笑顔を見せた。ヘンリーは外国人ならではの“ハグ”という挨拶で助教に感謝の気持ちを伝えた。

ヘンリーとK.willは二等兵の階級章と軍番を受け取り、立派な二等兵となった。特攻大隊へと向かう途中、ヘンリーは「悲しい。辛かったのにとても悲しい。僕の人生の中でこんなに辛いのは初めてだ」と吐露し、心惜しい気持ちを表した。

(写真= MBC『チンチャ サナイ~男の中の男 』キャプチャー)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 24日 11:08