[K-POP] 10周年の『M COUNTDOWN』が番組を大幅に改編!!ランキング方式も変更

Mnet『M COUNTDOWN』が10周年を迎え、2月27日から番組の構成が大幅に改編される。音楽ランキングの選定方式はもちろん、ショーの構成、MCなどにも大きな変化がもたらされるという。今回の改編により、『M COUNTDOWN』は一層視聴者たちが共感できる音楽チャート番組を目指す。

最も大きい変化は、ソーシャルメディア点数の導入だ。集計項目を新設し、視聴者たちが参加できる幅を広めるという。27日の放送からは音源50%、音盤10%、ソーシャルメディア点数10%、選好度点数(グローバルファン投票+年齢別選好度)10%、放送点数10%、生放送メール投票10%を総合した結果で集計される。

ソーシャルメディア点数は、さまざまな窓口を通して大衆の意見を聞くため、Youtubeの公式ミュージックビデオ照会数とSNSのバズ量(関連語検索者数や言及量など)により集計される。また、グローバルファン投票と年齢別選好度は引き続き運営される。

今回の改編の最も重要なポイントは、今までのように1位にのみ照明を当てるのではなく、TOP10にランクした曲すべてに重点を置いたショーを構成するということだ。これにより、より正確な音楽トレンドを楽しむことができ、TOP10に入ったすべてのアーティストが1位候補になることができる。

『M COUNTDOWN』の演出を担当するユン・シネCPは、「最近の音楽市場を見ると、大衆たちの音源消費形態が変化している。そのため、ランキング選定方式に変化を加えた。また、TOP10に照明を当てることも重要だという判断により、番組の構成にも大々的な変化をもたらすこととなった。さまざまなチャレンジを通して、新しく差別化された音楽チャート番組を作っていく」と明かした。

一方、『M COUNTDOWN』は2004年7月から放送が始まり、今年で10周年を迎えた。今まで積んできたノウハウを元に進化を続け、韓国の代表的音楽チャート番組となった。レベルの高いステージ演出と企画力でK-POPを紹介し、韓国国内はもちろん海外でも人気を集めている。

(写真=tvN提供)



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 21日 10:34