[ドラマ] 『ロマンスが必要3』ついにカップル誕生!!ソンジュンはどうなる!?

tvN月火ドラマ『ロマンスが必要3』でついに公式カップルが誕生した。まさに「甲殻類」と呼ばれるほど自身の感情にうとかったキム・ソヨン(シン・ジュヨン)と先輩上司ナム・グンミン(カン・テユン)の二人だ。

2月11日9時40分から放送された10話では、いつにも増した緊張感溢れるシーンで視聴者の注目を集めた。ナム・グンミンの家でばったり会ってしまったキム・ソヨンとワン・ジウォン(オ・セリョン)のシーンや、会社の同期であるパク・ユファン(イ・ウヨン)とユン・スンア(チョン・ヒジェ)の初々しいロマンスが見どころとなった。

何よりドラマの終盤に登場したナム・グンミンの告白シーンが視聴者の心を掴んだ。

ナム・グンミンはキム・ソヨンに対し、「以前は僕もこういう時に花とか指輪を買っていたけど、どうしようかなと悩んでいるうちに結局手ぶらで来てしまった。僕達付き合おう。ずっと変わらないという約束も出来ないし、何があっても君だけを見つめるとも言えない。今は愛してるとも言えない。それは嘘になるから。でも、ひとつだけ自信を持って言えることがある。努力する。そして、全力を尽くすよ、君に」というシンプルながらも気持ちのこもった告白をした。

これに対し、キム・ソヨンは「付き合おう」と返事をし、「花も指輪もなかったからこそ、この告白が良かった。愛してるという言葉はなくても、それだけで十分だった。努力するという言葉。どうせ時間が立てば最初のトキメキはなくなるもの。「努力する」という約束が「愛してる」という言葉よりずっと良かった。だから私はこの恋愛を信じようと思った」と心の内でつぶやいた。

ドラマの世界ではお決まりの派手な告白や「愛してる」という甘い言葉はなかったが、気持ちがこもっているナム・グンミンの告白が視聴者の共感を呼んだ。

しかし、キム・ソヨンは告白を聞きながら家にいるソンジュンを思い浮かべていた。また、そんなソンジュンは「愛する人にプレゼントするんです」と言いながら花を買うシーンが登場し、本格的な四角関係がスタートすることとなった。

『ロマンスが必要3』は、キム・ソヨン、ナム・グンミン、ワン・ジウォン、ソンジュンの四角関係が進むにつれて、視聴者たちからの注目が集まっている。10話の視聴率は、10~30代の女性層の中で同時間帯1位を記録し、30代の女性視聴者の中では平均1.7%、最高視聴率2.5%を記録した。毎週月曜日と火曜日の午後9時40分から放送されている。

(写真=CJ E&M提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 12日 13:56