[K-POP] FTISLANDスンヒョン「CNBLUE…バンドとしてライバル意識を持っている」

11日に放送されたMnet(韓国Mnet)『ビートルズ・コード 3D』では、プロジェクトグループTWO SONG PLACEとして活動しているFTISLANDのスンヒョンとソン・ウニ、ソロ歌手としてカムバックしたBrown Eyed Girlsのガインが出演した。

この日の放送でMCたちは、「3D(Dangerous(危険で)、Direct(ストレートな)、Diss(ディス))」という名の質問をゲスト達に投げかけた。

スンヒョンに対しては、CNBLUE関連の質問が続いた。CNBLUEとスンヒョンが属しているFTISLANDは同じ所属事務所であり、歌謡界ではライバルとして注目を浴びているバンド同士だ。「事務所の後輩歌手CNBLUEに劣等感ありますよね?」という質問に対し、スンヒョンは迷いもなく「はい、あります」と答えた。

また、「僕が持っている劣等感は同じバンドとしてのライバル意識だ。他のメンバー達の考えは違うかもしれないが、リーダーは嫉妬している」と正直に明かした。

一方、この日スンヒョンは過去にSMにスカウトされていた事実を明かし、注目を集めた。中学校1年生の時に行った花火大会でSMマネージャーに名刺を渡され、オーディションを受けたが、契約の直前で諦めたと明かした。

(写真=Mnet)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 12日 10:54