[芸能] イ・ジョンソク、映画館がランウェイに!?舞台挨拶の輝くファッションセンス

最近映画『血沸く青春』の公開以降、舞台挨拶に参加し、連日観客たちの前に姿を現しているイ・ジョンソクのファッションに熱い関心が集まっている。

イ・ジョンソクは、フォーマルなスタイルからニットとデニムを合わせたラフなスタイル、独特な柄のカーディガンに眼鏡と時計などでポイントを与えたスタイルなど、さまざまなファッションスタイルを披露した。

また、イ・ジョンソクの小さい顔と長い手足を際立たせるロングコートとハイネックをマッチさせたスタイルや、グレーのシャツとパンツスタイルは多くの女性の心を掴み、映画館を一瞬にしてランウェイに変えてしまった。

イ・ジョンソクのスタイリストであるパク・ジヨン室長は、「今回の『血沸く青春』の舞台挨拶は、明るいヘアカラーに合わせて、フォーマルなスタイルにニットやジャンパーなどのラフなアイテムを合わせ、かっこいいスタイルを演出した。ファッションセンスがずば抜けている人なので、スタイリッシュにうまく着こなしてくれた。それによって、観客の皆さんがさまざまなイ・ジョンソクの姿を楽しんでくれたみたいだ」と明かした。

一方、イ・ジョンソクはSBSの月火ドラマ『神の贈り物(原題)』の後続ドラマとして放送される『ドクター異邦人(仮題)』で異邦人として生きていく天才脱北者パク・フン役を演じる。『ドクター異邦人(仮題)』は4月から放送が始まる予定だ。

(写真=wellmade)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 10日 12:14