[K-POP] SMバラードプロジェクト再始動、入隊中のイェソンも参加!!

SM THE BALLADは、さまざまな歌手が参加し、コラボレーションを通して完成度の高いバラードを披露するために誕生したプロジェクトであり、2010年11月に発表した初アルバムにはジェイ(TRAX)、キュヒョン(SUPER JUNIOR)、ジョンヒョン(SHINee)、JINOなどが参加し、新鮮なハーモニーで話題を集めていた。

今回のアルバム『Breath』には、チャンミン(東方神起)、イェソン(SUPER JUNIOR)、テヨン(少女時代)、ジョンヒョン(SHINee)、クリスタル(f(x))、チェン(EXO)、チョウミ(SUPER JUNIOR-M)、チャン・リインなどの魅力的なボイスカラーと抜群の歌唱力を持った8人のSM所属アーティストが参加し、美しいハーモニーで多彩なバラードを披露する。

今回のアルバムは“別れ”をテーマにした6曲で構成されており、イントロ「Dear…」、別れの直後の男女の心境を表現したタイトル曲「息」、別れた男の気持ちを表現した「僕が欲張りだった」、女性の気持ちを表現したテヨンのソロ曲「Set me free」、別れて変わってしまった日常に関するストーリーを収めたジョンヒョンとチェンのデュエット曲「一日」、偶然元恋人に出会った男女が愛し合っていた当時のことを回想するクリスタルとチェンのデュエット曲「よかったこと、つらかったこと」などが収録されている。

また、アルバムの中の2曲は日韓中の3ヶ国語バージョンで制作された。タイトル曲「息」の韓国語バージョンはテヨンとジョンヒョン、中国語バージョンはチェンとチャン・リイン、日本語バージョンはチャンミンとクリスタルがコラボした。収録曲「僕が欲張りだった」の韓国バージョンと日本語バージョンはイェソン、中国語バージョンはチョウミが歌い、同じ曲を違う言語で歌ったにより、新鮮な魅力を楽しむことができる。

イェソンの歌った「僕が欲張りだった」は、イェソンが入隊前に収録した曲だ。久しぶりにイェソンのボーカルを楽しむことができることもあり、多くの期待が集まっている。

(写真=SMエンターテイメント提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 04日 11:10