[K-POP] チャンミンの初恋役は実力派新鋭女優ムン・ガヨン!!キスシーンの相手に注目集まる

Mnet(韓国Mnet)ドラマ『ミミ』(脚本ソ・ユソン/演出ソン・チャンス/制作SM C&C)で主役を務めるチャンミンの初恋の相手役として新人女優ムン・ガヨンが抜擢された。

ムン・ガヨンは当時小学生であった2006年にデビューし、TVドラマや映画、CMなどの多数の作品に出演し、演技の経験を積んできた実力派新鋭スターだ。劇中、ムン・ガヨンは365日24時間一人の少年だけを想う純粋な女子高生ミミに扮し、主人公ミヌを演じる東方神起のチャンミンと初々しいロマンスを演じる。

劇中、ミミは偶然立ち寄った学校の美術室である少年と出会う。その少年の名前はミヌだ。すっとした鼻立ちにソフトなシルエット、そして輝くビジュアルにひと目惚れし、初恋というものを経験する。

制作陣は、「ムン・ガヨン特有の落ち着いていて神秘的なイメージがミミのキャラクターにぴったりだと思った。何よりチャンミンとの“お似合いカップル”に期待してほしい」と伝えた。

一方、ドラマ『ミミ』のティーザー映像が公開され、多くの関心が集まっている中、ティーザー映像に続き、ドラマのティーザーポスターも公開され、話題になっている。

公開されたポスターには、日差しのそそぐ学校の教室を背景にチャンミンとムン・ガヨンがキスをするシーンが収められている。また、ポスターの左側にある「2014年 Mnetが届ける、失った初恋の記憶」というフレーズが目を引く。

ドラマ『ミミ』は、時空を越えて運命が変わってしまった男女の美しくもせつない初恋をテーマにしたドラマだ。劇中、チャンミンは優れたビジュアルに加え、人気急上昇中のウェブチューン作家ミヌに扮し、初恋を探しに出る。記憶のない初恋に対する痛みを抱えた28歳のウェブチューン作家ミヌ、そして初々しい初恋に胸を躍らせる18歳の高校生ミヌという現在と過去のミヌを演じ、1人2役に挑戦する。

今年の春、韓国に初恋の切ない記憶を届けるMnet(韓国Mnet)ドラマ『ミミ』は、2月21日金曜日午後11時から4話編成で放送される。

(写真=Mnet提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 02月 03日 10:52