[芸能] ZE:Aシワン、『ジャングルの法則』で男らしい一面と致命的な短所が…!?

ZE:Aのシワンは1月31日に放送されるSBS『ジャングルの法則inミクロネシア編』でさまざまな魅力を見せる。シワンはイェ・ジウォンと並んで器を作りながらミュージカルの歌を口ずさみ、最高のコラボレーションを披露し、眠れなかったイェ・ジウォンのために手作りの虫よけを作ってあげるなどのスマートな一面を見せるという。

しかし、このような魅力は彼の持つ多くの魅力の内の一部でしかないという。

ビョンマン族長とシワンは、ミクロネシアでの生活が始まって以来初めて水中での狩りに挑戦し、本格的な海の探索に出た。普段から準備の良さでよく褒められるというシワンは、ミクロネシアへの旅の前に制作陣に直接連絡をし、スキューバーダイビングを練習したいと申し出て、ダイビングの訓練を個人的に受けたという。

しかし、実際に海に出てみると、思い通りにはいかなかった。プールとは違う海の中の圧力の影響により、体を動かすどころか潜ることさえ困難であった。今までの水中狩り経験でノウハウを積んできたビョンマン族長とはかなりの差が出てしまった。

しかし、シワンは無理な欲を出さず、ビョンマン族長の助けのもと、水中を行ったり来たりしながら潜水時間を少しずつ伸ばしていった。そんな姿を見たキム・ビョンマンは、「あまり欲を出さずに、一歩一歩努力していく姿がとても頼りがいがある」と絶賛した。

連続する失敗にも最後まで諦めずに狩りに成功したシワンは、釜山の男らしい魅力を見せつけた。

しかし、『ジャングルの法則』のエースとして注目されているシワンには、ただ一つ致命的な短所があったという。それはまさに救いようのないほどの方向感覚。シワンは前日に設置しておいた筒を確認するため、自信を持って道を案内したが、結局道に迷ってしまった。

「ナビがなかったら運転ができない」と自身が方向音痴であることを明かしていたシワンのジャングルロードは、1月31日午後8時40分に放送される。

(写真=SBS)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 01月 31日 14:16