[K-POP] 『アイドル陸上大会』,意外な実力者たちが一挙登場し,熾烈な戦い!!

1月30日、MBC『アイドル陸上アーチェリーフットサルカーリング選手権大会』(以下アイドル陸上大会)側は、報道資料を通して『アイドル陸上大会』のビハインドストーリーを公開した。

今まで団体戦で行われていたアーチェリーは、今回個人戦で行われた。第7回の金メダリストであり、アーチェリー種目の優勝候補と言われていたジェギョン(RAINBOW)、第5、6回の金メダリストであるボラ(SISTAR)、そして第5、6回で銀メダルを獲得したソヒョン(4Minute)による熾烈なバトルが繰り広げられた。

そんな中、ジェギョン(RAINBOW)とソヒョン(4Minute)は、的の中央に設置されたカメラに的中させるなど、驚くべき実力を見せた。今年のアーチェリー競技で誰が優勝するのかに注目が集まっている。

また、ミンホ(SHINee)はフットサルの予選Aチーム対Dチームの試合で多くのシュートを入れ、大活躍した。Aチームのミンホはルハン(EXO)と共に俊敏な攻撃を見せ、グラウンドを走り回った。

ルハンが前半戦で初ゴールを決め、逆転ゴールによりスポーツアイドルとしての面目を見せた。これを見たMCイ・ビョンジンとフットサルの解説委員イ・チャンファンは、「ミンホはブラジルワールドカップに出れるレベルだ」と絶賛した。

2014年の『アイドル陸上大会』では、ソチ冬季オリンピックを記念し、カーリング競技を開催した。韓国の女子カーリング代表チームが初めてソチオリンピックに出場することを記念し、『アイドル陸上大会』でもガールズグループがカーリングの種目に出場した。カーリングにはHELLOVENUS、Dal★Shabet、AOA、NineMuses、TINT、LPG、LADIES’ CODE、BESTieなどの8チームがカーリングを楽しんだ。

カーリングの試合中、ミナ(Girl's Day)が誤って押してしまった相手側のストーンを元の位置に戻す為、20キロにも及ぶストーンを軽く持ち上げる姿を見せ、周囲を驚かした。その姿を見た解説委員も「カーリングの選手達がストーンを持ち上げるのは初めて見た」とコメントした。MBC『アイドル陸上アーチェリーフットサルカーリング選手権大会』は、1月30日午後5時30分放送。

(写真=MBC提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 01月 30日 14:17