[映画] FTスンヒョンが映画デビュー「新年から幸せ,一生懸命やる」

28日、FTISLANDのスンヒョンは自身のTwitterで「映画『世の中に信じられるやつはいない』で初めて映画デビューすることになりました」と発表した。

また、「いつも挑戦し、努力する姿勢と感謝の気持ちを忘れず、幸せに一生懸命やります!新年からたくさんの仕事ができてとても幸せです!FTISLANDのメンバーとして一人の俳優として頑張ります」と抱負を語った。

映画『世の中に信じられるやつはいない』は、3人組の武装強盗のストーリーを扱った作品だ。スンヒョンは劇中で本音を語らない強盗イ・ギョスを演じる予定だ。

スンヒョンは2012年にミュージカル『Jack The Ripper(ジャック・ザ・リッパー)』で主人公ダニエル役に最年少でキャスティングされ、ミュージカル界にデビューした。これに続き、『Summer Snow』、『三銃士』などでミュージカル俳優として活躍してきた。

一方、スンヒョンは現在ミュージカル『三銃士』で主人公ダルタニャン役を熱演しており、初の映画デビューに向けての準備に取り掛かっている。

写真=eNEWS DB


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 01月 29日 14:19