[ドラマ] 『本当に良い時代』,2PMテギョンが撮影現場に登場,撮影の様子は??


2PMテギョンは2月22日の初回放送を控えているKBS 2TV週末ドラマ『本当に良い時代』(脚本イ・ギョンヒ/演出キム・ジンウォン/制作SAMHWA NETWORKS)でイ・ソジン、キム・ヒソン、リュ・スンス、キム・ジホ、ユン・ヨジョン、チェ・ファジョンなどと共演する。

これに関連し、テギョンは17日に慶州(キョンジュ)でバイクに乗って撮影をする姿がとらえられた。怒りっぽい性格に事故が絶えない問題児ボディーガード“カン・ドンヒ”に扮し、カリスマ溢れる男を演じる。テギョンは常識がなく、雑で短気なカン・ドンヒになりきり、現場スタッフから絶賛されたという。

テギョンは明るい笑顔で撮影現場に登場すると、キム・ジンウォンPDをはじめとした制作陣とスタッフ達に丁寧に挨拶をした。力強い声で「よろしくお願いします。『本当に良い時代』ファイト!」という元気な挨拶で現場の雰囲気を明るくした。また、撮影直前まで台本を持ち歩きながらセリフをチェックし、自身の乗るバイクの状態をチェックするなど、情熱的な姿を見せた。

そして、テギョンは撮影が始まると、カン・ドンヒになりきり、鋭い眼差しで圧倒的な演技を見せた。撮影前までは可愛らしい笑顔を見せていたテギョンが「キュー」というサインと同時に変身し、スタッフ達を驚かせたという。

テギョンは、「素晴らしい先輩達、スタッフの方達と撮影ができて幸せだった。これからもっとかっこいい姿をお見せするために努力する。みんなで一生懸命撮影しているので、良い作品になると期待している。たくさん応援して欲しい」と語った。

制作会社SAMHWA NETWORKS側は、「カメラの前に立った途端に目つきが変わったテギョンの姿を見て、多くのスタッフが驚いた。個性的なキャラクターになりきる表現力、正確にキャラクターを把握するなど、驚くべき実力だ。テギョンの活躍に期待してほしい」と伝えた。

一方、『本当に良い時代』は、貧しい少年だったある男が検事として成功し、15年ぶりに故郷に帰ってくるストーリーで、家族の価値と愛の偉大さ、人との関係性や愛の温かさなどを描く。時代を越えて全ての人が共感できる“家族の意味”を新しい視線で表現する。『本当に良い時代』、は2月22日午後7時55分から放送される。

(写真=SAMHWA NETWORKS提供)



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 01月 28日 10:43