[芸能] ソン・ホジュン「無名時代、ユンホが父親のように面倒を見てくれた」

『応答せよ1994』でヘテ役を演じたソン・ホジュンは、1月21日に放送されるMnet『ビートルズ・コード3D』で無名時代に力になってくれたという東方神起ユンホとの友情ストーリーを明かす。

ソン・ホジュン、Tiny-GのDo HeeとJ.Min、イ・サンミン、チェ・リナが参加した今回の収録でソン・ホジュンは10年近い無名時代について明かし、ユンホとの熱い友情を語った。

ソン・ホジュンは当時を振り返り、「その時父親のように僕の面倒を見てくれたのがユンホだ。当時はビッグスターのユンホが僕の友達だということが自慢だったけど、今ではユンホが僕を自慢に思ってくれる」と話した。

また、『応答せよ1994』で共演したAraとはデビュー前からの知り合いだったと明かした。

ソン・ホジュンは、「光州(クァンジュ)の劇団所属時代、同じ教会に通っていた。当時Araが教会で演劇をすることになり、僕の演技を見てくれていた」と明かした。

これ以外にも、この日の放送ではTiny-Gとして活動しているDo HeeとJ.MinがBrandy&Monicaの『The Boy Is Mine』のステージを披露した。(写真=Mnet)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 01月 21日 14:47