[K-POP] KBS2ドラマ『王家の家族たち』の視聴率が45%に迫る…自己最高をマーク

KBS(韓国放送公社)第2テレビの週末ドラマ『王(ワン)家の家族たち』が自己最高視聴率を更新した。

今月19日午後に放送された『王家の家族たち』第42話は、全国視聴率43.9%(ニールセンコリア)を記録した。これは第40話でマークした自己最高視聴率43.2%を超える数値だ。

残り8話分で45%を突破し、50%を越えるかどうかに関心が集まっている。

この日の放送ではコ・ミンジュン(チョ・ソンファ扮)がワン・スバク(オ・ヒョンギョン扮)との離婚を決心する様子が描かれた。これとあわせて、嫁姑間の葛藤から始まったワン・グァンバク(イ・ユンジ扮)とチェ・サンナム(ハン・ジュワン扮)夫婦の対立が和解の兆しを見せて興味を刺激した。

一方、MBC(文化放送)『黄金の虹』は13.7%、SBS(ソウル放送)『3度結婚する女』は12.8%の視聴率をそれぞれ記録した。またKBS『鄭道伝』は11.8%を記録した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2014年 01月 20日 14:35