[映画] 映画『弁護人』が観客動員1千万突破、『アバター』より1週間早い

韓国映画『弁護人』が累積観客数1000万人を突破した。

配給会社のニューは18日、公式ツイッターを通じ「少し前に『弁護人』が配給会社の集計基準で観客1000万人を突破しました! 韓国公開映画で最高スコアの『アバター』より1週間速いスピードで、一緒に走ってきてくれた観客のみなさんに感謝申し上げます。韓国映画の新記録に向けた挑戦は続きます」と伝えた。続けて「映画振興委員会統合コンピュータネットワークの公式集計では今夜午前0時ごろに1000万人突破予定です(前夜公開含め32日で1000万)」と明らかにした。公式集計と配給会社基準の誤差はドライブインシアターを含めコンピュータネットワーク未登録観客数の差によるもの。

『弁護人』は昨年12月の公開からこれまでボックスオフィス1位を続けている。公開から5日で200万人、12日で500万人、17日で700万人、25日で900万人の観客を集めるなど速いスピードで観客を集め注目を集めている。韓国公開映画で歴代興行1位を守った『アバター』を抜き過去最高のスコアを記録した。

『弁護人』は1981年の釜山(プサン)を背景に、俗物弁護士が時局に目を開き人権弁護士として生まれ変わる過程を描いた。故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の若い時期と釜林事件をモチーフにした作品だ。ソン・ガンホ、クァク・ドウォン、キム・ヨンエ、オ・ダルス、イ・ソンミン、イム・シワンらの爆発的なシナジー、1980年代を激しく生きた人々の姿を通じ熱い感動と愉快な笑い、カタルシスで年齢層を問わず激しい勢いで疾走している。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2014年 01月 19日 09:58