[ドラマ] 『感激時代』のキム・ヒョンジュン、顔より演技・アクションへ

キム・ヒョンジュンがイメージチェンジに成功した。

キム・ヒョンジュンは15日に放送が始まったKBS(韓国放送公社)第2テレビの水・木曜ドラマ『感激時代:闘神の誕生』(24部作)に1930年代の賭博場の喧嘩屋として登場し、自分の体格の倍ほどある相手と迫力ある流血戦を繰り広げた。

キム・ヒョンジュンは3分足らずのアクションシーンで、完全に視聴者を引きつけた。『花より男子』(2009)、『イタズラなKiss』(2010)などで見せた弱々しい美男のイメージはなかった。強烈なインパクトを与え、今後の展開への期待と興味を大きく高めた。さらに低い声で短く話すセリフは、『イタズラなKiss』の放送終了から4年間、演技に注いだ努力がそのまま表れたという評価だ。

約150億ウォン(約15億円)の制作費を投入した2014年KBS(韓国放送公社)の野心作『感激時代』で、キム・ヒョンジュンは1930年代の朝鮮最高の喧嘩屋シン・ジョンテ役を熱演する。チェ・ジェソン、キム・ガプス、ソン・ビョンホ、チョン・ウンビン、ヤン・イクジュン、キム・ソンオとは韓日中の男たちの義理・友情を、イム・スヒャン、チン・セヨンとは愛の物語を描く。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2014年 01月 16日 14:36