[芸能] 中国のドラマ韓流、オンラインで新たな市場開く

『星から来たあなた』と『相続者たち』が中国で今までとは違う韓流ブームを起こしている。現地放送の厳しい規制を避け、インターネットを通じた新しい成功モデルを提示している。

関係者によると、現在『星から来たあなた』と『相続者たち』は現地インターネットサイトとモバイルダウンロードサイトを通じた中国市場進出を進めている。特に『星から来たあなた』は国内で放送される前、すでに中国に韓国ドラマ史上最高額で販売され、話題となった。その後、いくつかのオンライン・モバイルドラマダウンロードサイトを通じてサービスされている。パク・ヘジン、チャン・ナラ、チュ・ソヨンらが現地ドラマ出演で人気を集めた今までの成功モデルとは違う形だ。

『星から来たあなた』は第8話まで放送された15日現在、iQIYI・PPSなど3つの現地動画サイトで再生1億4000回を超えた。また先月12日に国内で放送が終わった『相続者たち』は4つの動画サイトで15日まで再生4億回を上回っている。中国最大動画サイトYoukuでは歴代ドラマ4位に上がった。

これに伴い、出演俳優の現地での人気も急速に高まっている。イ・ミンホの微博(ウェイボ)のフォロワーが約1000万人(昨年11月25日基準)から1650万人(15日基準)に増え、『太陽を抱く月』当時2万人程度だったキム・スヒョンの中国ファンサイト会員数が現在63万人に急増した。

両ドラマが放送よりもインターネットを通じて現地に進出する理由は、中国国内の厳しい放送規制と長い審議期間のためだ。『星から来たあなた』制作会社の関係者は「台本が最後まで完了した状態でなければ中国では放送できない。またダビングなど現地向けに変えるのに時間がかかるが、オンラインでは直ちに反応を得ることができる」と明らかにした。別の関係者も「中国は2006年から海外ドラマの放送番組数と時間を規制するクオータ(割当)を維持し、主にインターネットで進出するしかない」と伝えた。

『相続者たち』の関係者も似た意見を出している。この関係者は「現地で放送されるには現地当局の審議が必要だが、版権購買者が放送局と協議すればよい日本に比べてはるかに時間がかかる」とし「最近は中国だけでなく米国・欧州市場でもインターネットを通じてリアルタイムで反応が来る傾向だ。放送される頃にはもう遅い。インターネットの反応は流通環境の変化による自然な現象」と伝えた。
また「現在日本国内の反韓感情のため中国市場へのドラマ進出が増加する傾向にある」とし「6億人にのぼる中国ネットユーザーの相当数がキム・スヒョンやイ・ミンホなどに熱狂する若者だ。さらに各種制約もなく、韓国ドラマの中国進出展望は明るい」と話した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2014年 01月 16日 13:05