[ドラマ] 俳優イ・ソジン、KBS『本当に良い時代』初撮影で役作りに没頭

俳優イ・ソジンがKBS(韓国放送公社)第2テレビの新しい週末ドラマ『本当に良い時代』(原題)の初撮影に臨んだ。

イ・ソジンは今月11日、慶州市(キョンジュシ)のある野外撮影場で自ら運転して故郷を訪れる様子を撮影した。骨身にしみるほどの寒さが押し寄せる天候にもかかわらず、台本を見たり動線や感情の動きをチェックしたりすることはもちろん、キム・ジンウォンPDと演じるキャラクターについて真剣に意見交換をするなど慎重に撮影を準備していた。
制作会社のサムファネットワークス関係者は「イ・ソジンは初撮影から次元の異なる役作りをしていた」とし、「イ・ギョンヒ作家の叙情的な筆力とキム・ジンウォンPDの素朴な演出力、俳優の情熱が相乗効果を生み出している作品。大きな期待お願いしたい」と明らかにした。

イ・ソジンは2月22日に初放送される『本当に良い時代』で、IQ150の天才的な検事のカン・ドンソク役を演じる。15年ぶりに戻ってきた故郷で家族や初恋のチャ・ヘウォン(キム・ヒソン扮)らに会う様子を通して、家族の意味や愛の偉大さなどをハートフルに描く。

イ・ソジンの他にも、キム・ヒソンや2PMテギョン、リュ・スンス、キム・ジホ、オ・ヒョンギョン、ユン・ヨジョン、チェ・ファジョン、キム・グァンギュ、パク・ジュヒョン、チェ・ウンらが出演する。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2014年 01月 15日 14:17