[ドラマ] 『私たち愛することができるかな?』パク・ミヌの撮影現場

JTBC新月火ミニシリーズ『私たち愛することができるかな?』 (脚本パク・ミンジョン/演出キム・ユンチョル)に出演中の俳優パク・ミヌが撮影現場での様子を披露した。

劇中、ソンミ(キム・ユミ)に思いを寄せる年下の純情男チェ・ユンソク役を演じ、ロマンチックな姿で視聴者の注目を浴びているパク・ミヌが現場のビハインドカットを公開した。

写真でパク・ミヌはカメラに向かって唇を突き出し愛敬たっぷりのポーズをしたり、口を大きく開けてあどけない表情を見せたりしている。
また、ウインクにえくぼを見せて柔らかなビジュアルで女性ファンをとりこにしている。

日頃から共演者たちはもちろんスタッフもよく取りまとめるムードメーカーとして知られるパク・ミヌは明るい性格と茶目っ気たっぷりの姿で現場を和気あいあいとさせているそうだ。

『私たち愛することができるかな?』は、小説「ママには男が必要」を原作としたシングルマザー、独身女性、専業主婦など40歳を間近に控えている39歳の女性たちが、仕事と愛の新たな幸福を探す過程を描く作品だ。
毎週月・火曜日午後9時45分に放送されている。

写真=キングコングエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 01月 14日 16:40