[映画] 映画『弁護人』、前売券で1000万人動員を予告

映画『弁護人』が今週末に1000万人の観客動員を突破する展望だ。
前売券だけで1000万達成が予告された状況だ。

『弁護人』は月曜日の13日にも10万 6972人の観客を集めた。ボックスオフィスでは依然として1位をキープしている。2位の『容疑者』(4万 3503人)より2倍以上となる観客動員数だ。先月19日に封切りした『弁護人』のこの日まで累積観客数は937万 951人にのぼる。

配給会社のNEWと制作会社であるウィズアス・フィルムは1000万人突破を記念するパーティーなどを予定していると伝えられている。

主演俳優のソン・ガンホは昨年公開された映画『雪国列車』『観相』に続き全ての出演映画で大成功をおさめることになった。 ZE:A(ゼア)のシワンもアイドルグループ出身では異例の1000万人動員映画に出演する俳優となった。

『弁護人』は故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の青年弁護士時代をテーマにした映画で実力派の映画俳優が出演している。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 01月 14日 13:28