[K-POP] JYJキム・ジェジュンツアー「熱気充満」、ビキニ姿の日本ファンも

JYJキム・ジェジュンが全国ツアー2カ所目の光州(クァンジュ)でコンサートを成功させた。

C-Jes(シージェス)エンターテイントは「キム・ジェジュンが11日、光州の念珠(ヨムジュ)室内体育館で公演を開催し、ファンたちとの楽しい時間を過ごした。

『2014 Kim JaeJoong 1st Album Asia Tour Concert in Gwangju』というタイトルで開かれた今回のコンサートは、キム・ジェジュンのソロ初の全国ツアーで、釜山(プサン)公演に続き今回がその2カ所目のステージだ。ソロとして初めて光州を訪れたキム・ジェジュンを見たファンたちはうれしさを隠しきれず、公演中ずっと熱い応援が続いていた」と伝えた。

キム・ジェジュンは強烈なロック『9+1#』『Butterfly』などで公演会場に熱気を吹き込みコンサートの開始を知らせた。引き続きホイットニー・ヒューストンの『I have nothing』では切なくも力強い声で高音も完ぺきにこなして感心させた。

『Don’t walk away』『光』『化粧』など楽しいライブとバラードを行き来して多彩な魅力をプレゼントした。またソロとして初めて光州を訪れたキム・ジェジュンを熱烈歓迎するファンたちと共に楽しい対話で意義深い思い出をプレゼントした。

公演会場内の熱気とファンたちの歓迎ぶりもすごかった。
キム・ジェジュンがこの日選んだドレスコードは「mountain & sea」。あるファンは軍服を着て、ソウル経由で光州まで来たという日本ファンはビキニを着ていて目を引いた。
またファンたちは『Now is good』では「ジェジュン、歌ってくれてありがとう」と書かれた応援バナーを持って、アンコール曲『Mine』ではペンライトカラーを変えて多様な応援を披露した。

キム・ジェジュンは「今日は光州に来られて良かった!やっぱり楽しい!」などと光州なまりで感謝の気持ちを示して会場の歓声はより一層大きくなった。

キム・ジェジュンは4日の釜山を始め11日の光州、25・26日はソウルの高麗(コリョ)大学花井(ファジョン)体育館で熱気を持続させる。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2014年 01月 13日 09:51