[芸能] RAINが整形をしなかった理由「二重の手術を勧められたけど…」

1月9日に放送されたMnet(韓国Mnet)『RAIN EFFECT』では、RAINの新曲「LA SONG」のミュージックビデオ撮影現場の様子が公開された。

この日、ミュージックビデオの撮影を終えたRAINは、スタッフ達と打ち上げを行った。

RAINは、「安陽(アニャン)芸能高校時代、オーディションを勧められて受けた。オーディションに行ってみると、そこにはホン・スンソンさんがいた。オーディションが終わった後、「あいつをどうやって使うんだ。背が高ければ歌手になれるというわけじゃない」と言われたが、二重の手術をしろと言われ、整形外科に行った」と明かした。

また、「整形外科に行ってみると、医者に「二重の手術をしたら鼻をやらなければいけなくなるし、鼻をやったら耳を後ろにくっつけなければならなくなる」と言われた。医者は僕に絶対整形するなと言った。その診断書をそのままホン・スンソンさんに渡したら、ため息をつき、「パク・ジニョンに渡せ」と言われた」と当時のエピソードを明らかにした。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 01月 10日 14:38