[K-POP] 俳優キム・イングォン主演『神が送った人』、2月公開決定…北朝鮮人権問題を扱う

俳優キム・イングォンの主演作『神が送った人』(原題)が2月13日の公開を確定させ、ポスターを公開した。

同作は脱北者の証言を元に、北朝鮮の残酷な現実を再構成した映画。北朝鮮住民の人権問題や苦痛などを扱っている。

公開されたポスターにも「大韓民国の国民なら必見の映画」「実話を元にした涙と感動の物語」などのキャッチコピーで観覧を誘導している。特に主演俳優のキム・イングォンの迫力ある表情演技が目を引いている。

キム・イングォンは今回の映画で、死んだ妻との最後の約束を守るため、村の人々を連れて脱北を主導するチュ・チョルホ役を熱演している。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2014年 01月 07日 16:07