[ドラマ] 俳優キム・ヒョンジュン主演『感激時代』、日本・米国・タイなど先行販売

「韓流スター」キム・ヒョンジュンの主演作であるKBS(韓国放送公社)のドラマ『感激時代』が放映前にもかかわらず海外マーケットで熱い人気を呼んでいる。

KBS第2テレビの新しい水木ドラマ『感激時代』は、15日の初放送を前に日本・米国・タイなどに先行販売された。制作会社関係者は「今最も旬の韓流スターであるキム・ヒョンジュンの主演作ということで、海外マーケットでは熱い関心を示している」とし、「現在、アジア各国からもラブコールが入ってきており、『感激時代』の版権について前向きに話し合っている」と話した。

『感激時代』は韓流スターのキム・ヒョンジュンが出演すること以外にも、制作費150億ウォン(14億7000万円)台の大作である点も注目されている。

『感激時代』は1930年代を舞台に、韓日中の男たちが繰り広げる愛と義理、友情のファンタジーを描いたノワール物。中国上海に用意されたセット場のほか、無錫などで現地ロケを行い、1930年代のきらびやかな上海の様子をリアルに表現するために総力を上げている。特に主な舞台になる南京路は映画『カンフーハッスル』(05)、『ラスト、コーション』(07)、『ラスト・シャンハイ』(13)などが撮影された場所だ。海外ブロックバスター映画にも劣らないスケールと映像で中国現地の様子を描くとあって、関係者の期待は最高潮に達している。

これに先立ちキム・ヒョンジュンが主役を演じたドラマ『イタズラなKiss』は、日本・香港・タイ・フィリピンなどアジア11カ国で販売されたことがある。当時、版権額は40億ウォンに達することが明らかになり、話題を集めていた。『感激時代』も海外に向けて高価で販売されることが確実視されており、業界関係者の耳目が集中している。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2014年 01月 07日 08:52