[K-POP] ヒョンビン、チェ・ミンシクにカン・ドンウォン、ハ・ジョンウまで、甲午年はトップスターの史劇洪水(1)

甲午年の忠武路(チュンムロ)の代表的なトレンドは史劇だ。ヒョンビン、チェ・ミンシク、リュ・スンニョン、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、カン・ドンウォン、ハ・ジョンウ、ソン・イェジンらトップスターが大挙して史劇を通じて2014年に観客の前に初お目見えする予定だ。それぞれ莫大な製作費に見合うスケール感と完成度でスクリーン攻略に出る。ちょうど2014年は午年の年。しかも、午のうちで最も気勢があふれて進取的で幸運を象徴するという甲午青馬年の年だ。単純に当てはめてみると、第2の『王になった男』を狙って積極的に「1000万の幸運」をとらえるために努力する新年の史劇映画・スターたちの勢いにうまく合致する。史劇には必然に馬が登場するという事実も注目しなければならない。2014年に大ヒットを打てるほどの「運」を備えたという意味と解釈できる。甲午年の劇場街を掌握する忠武路の史劇と、史劇に挑戦するスターを調べてみた。▼ヒョンビン、ソル・キョング、ハ・ジョンウ初の史劇挑戦に注目新年には史劇に初めて挑戦状を突きつけるスターがひときわ多い。午年の気勢に見合う進取的な挑戦で目を引く。今年ソン・ガンホがデビュー後初の史劇『観相』で913万人の観客を集めてホームランを飛ばしただけに、現代劇を中心に活動していたスターの挑戦がどんな結果を招くのかに関心が集まっている。代表的なスターがヒョンビンだ。除隊後の復帰作に史劇『逆鱗』を選んだ。朝鮮時代の正租の暗殺をめぐって展開する話を描いた作品だ。老論派と少論派の摩擦が極限に達した状況で、王権を守らなければならない正租の大変な心境をドラマチックに見せる。ヒョンビンが正租役を演じ、『茶母』『ベートーベンウイルス』で有名なドラマPDのイ・ジェギュがメガホンを取った。9月にクランクインして詰めの撮影中だ。甲午年の上半期公開を目標にしている。ハ・ジョンウの史劇挑戦作は『群島:騒動の時代』だ。『許されざる者』や『犯罪との戦争』で共にしたユン・ジョンビン監督と再び手を組んだ作品だ。朝鮮末期を背景に、貪官汚吏に対抗する盗賊の活躍を描いた。11月にクランクアップして来夏の封切りを目標に後半の作業中だ。カン・ドンウォンがハ・ジョンウとともに「ツートップ」で出た。ちょうどハ・ジョンウは1978年、普段から演技や演出、また美術など多彩な分野を行き来して猪突猛進的な推進力を見せた午年だ。午年を迎えて初の史劇で再び劇場街を揺さぶれるか期待が大きくなっている。ソン・ガンホ、チェ・ミンシクに続きソル・キョングも史劇に出演する。作品はカン・ウソク監督の20回目の演出作『ツー捕吏』だ。カン監督の代表作作品の1つである『ツーコップス』の朝鮮バージョンだ。ソル・キョングは『ツーコップス』でアン・ソンギが演じたベテラン刑事の朝鮮版捕吏役をつとめた。『逆鱗』『鳴梁(ミョンリャン)-渦巻く海』などの作品と違い、コメディを主な武器に前面に出して下半期の劇場街を攻略する。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 31日 16:11