[K-POP] G-DRAGON、米ビルボード年末決算で韓国歌手では唯一のトップ50入り

BIGBANGのG-DRAGONが米国ビルボードの年末決算トップ50入りを果たした。G-DRAGONは最近発表されたビルボード決算「2013エレクトロニック・ダンスミュージックの流れを変えた50曲」22位にランクインした。セカンドアルバム収録曲『COUP D'E TAT(クーデター)』で22位を占めたG-DRAGONは韓国歌手で唯一トップ50に入った。『COUP D'E TAT』は、有名DJ兼プロデューサーのディプロと2013年のYoutube(ユーチューブ)で人気を博した『Harlem Shake』のバウワーら海外ミュージシャンの参加で耳目を集めた曲だ。重たいビートとストレートな歌詞で、G-DRAGONの個性を最大限引き出し、ファンからの根強い支持を獲得した。G-DRAGONは米国現地での音盤リリースがないにも関わらず、今年9月にはセカンドアルバムで「ビルボード200」の182位にランクインした。今月13日にはビルボードが発表した「2013年決算チャート-ワールドアルバム・アーティスト」で9位に入り、そのグローバルパワーを立証させた。今年、韓国内外の多くのチャートを席巻したことに加え、米国男性誌COMPLEXやニューヨークタイムズなど数多くの海外メディアからはグローバルな潜在力とアーティストとしての感覚について好評を受けていた。一方、G-DRAGONは現在、BIGBANGの日本6大ドームツアーの真っ最中だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 31日 15:01