[K-POP] 俳優パク・シフ、上海浦東空港まひさせ人気誇示

俳優パク・シフが中国上海浦東国際空港をまひさせて相変わらずの人気を誇示した。パク・シフ側は30日「パク・シフが中国映画『香り』(仮題)を撮影するために29日、中国の上海に向かった。浦東空港に到着すると5000人余りの現地ファンたちが駆けつけて変わらぬ人気を実感できた」と伝えた。パク・シフ側によれば、この日空港にはテレビ放送およびメディアをはじめとする各国のファンたちがパク・シフの見送りに仁川(インチョン)空港に集まったのに続き、上海浦東空港には5000人余りの歓迎の人の波が集まって空港要員が総動員されるなど空港業務が一時まひする初めての事態が発生した。特にパク・シフを見るために朝から集まった5000人余りの世界中のファンや一般市民による安全事故を憂慮して、入国拒絶の状態に置かれて1時間ほど空港の出国場で待機し、空港警察の助けを受けて空港をやっと抜け出すことができた。これについてパク・シフは「このように多くの方々が空港にきて下さるとは思わなかった。寒い中、外で待って下さって見送りと歓迎をしてくれた国内外のファンの方々に感謝したい」として「良い作品に出会って新しい気持ちでスタートするので、良い姿をお見せできるよう努力する」として感謝と覚悟を伝えた。映画撮影のために中国上海に出国したパク・シフは当分は映画撮影に専念する予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 31日 14:51