[K-POP] 俳優ユン・シユン、『総理と私』で外国語も披露…多彩な魅力“再発見”

俳優ユン・シユンが、見とれてしまうような演技でKBS(韓国放送公社)第2テレビの月火ドラマ『総理と私』を盛り上げている。

ユン・シユンは『総理と私』で国務総理クォン・ユル(イ・ボムス扮)の随行課長のカン・インホ役を多彩な表現で演じている。コミカル演技から図々しい表情、はては切ない感情演技も見せながら、ユン・シユンらしい表現方法で、女性ファンをとりこにしている。

カン・インホはクォン・ユル総理に願望と悲しみを抱く複雑な心模様をもつ人物。だが、クォン総理の妻ナム・タジョン(ユナ扮)だけには誰よりも情深く切ない感情を繊細に表現する。

『明日に向かってハイキック』(10)『私も花!』(11)『となりの美男<イケメン>』(13)などで見せていた純粋で弱々しい美少年のイメージを壊し、努力が込められた堅実な演技を表現していると評されている。エリートの随行課長にふさわしく、日本語や中国語、スペイン語まで流暢にこなし、「ユン・シユンの再発見」という好評まで出ている。

ドラマ関係者は「ユン・シユンは現場でイ・ソヨンPDやスタッフと意見を交わし、細かな部分にも気を配っている。キャラクターについて妥協せずに悩み続けながら、自分の役割をまるでオーダーメードの服を着ているかのように演じこなしている」と話した。

一方、カン・インホはクォン・ユルとはどのような事情があるのか、その正体は何か、また今後クォン・ユルとナム・ダジョンの2人の関係にどのような影響を及ぼすのかなど、視聴者の熱い視線が作品に注がれている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 30日 14:52