[K-POP] シン・スンフンが日本コンサートで5千人を魅了、拍手喝采のステージ

シン・スンフンは今月26~27日に中野サンプラザホールで『THE SHIN SEUNG HUN JAPAN LIVE 2013 ~GREAT WAVE~』を開催した。

今回の日本コンサートは2010年3月以降、約3年9ヵ月ぶりに開催された日本公演であり、新しいアルバム『Great Wave』の発売記念を兼ねたイベントとして行われた。

シン・スンフンは、「微笑みに映った君」、「I Believe」でオープニングを飾り、約30曲以上を披露した。

ヒット曲やアルバムの新曲はもちろん、日本ファンのために特別に準備したオフコースの「言葉にできない」、DREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」、松田聖子の「SWEET MEMORIES」などを披露し、ファンを魅了した。

シン・スンフンの所属事務所関係者は、「久しぶりに日本コンサートを行ったシン・スンフンさんは、公演当日にも本人が直接全体スタッフ会議を進行し、3時間以上のフルリハーサルを行うなど、完璧を求めていた」と話した。

日本スタッフもそのようなシン・スンフンの姿を見て、「3年ぶりに会ったけど、彼の繊細さは相変わらずだ。公演に対する情熱に驚かされた。スタッフ全員が完璧な公演を見せるために全力を尽くした」と語った。

最後のアンコール曲「My Melody」の際には、観客全員が10分間に及ぶスタンディングオーベーションでシン・スンフンに声援を送った。

一方、シン・スンフンは2014年に日本進出10周年を迎え、より活発な活動を予定している。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 30日 10:26