[K-POP] 映画『弁護人』、公開10日で累積観客数400万突破

映画『弁護人』が公開から10日で累積観客数400万を突破した。

映画振興委員会映画館入場券統合コンピューターネットワークによると、『弁護人』は28日午後0時30分に累積観客数4万1599人を記録した。

公開初日に23万人の観客を動員し、3日で100万人、5日で200万人、7日で300万人を突破し、公開10日で400万人を超えた。これは公開11日で400万人を突破した『アバター』、12日で400万人を超えた『7番房の奇跡』、16日で400万人を超えた『王になった男』より速い記録だ。

『弁護人』は1981年の釜山(プサン)を背景に、“俗物”弁護士が時局に目を開き人権弁護士として生まれ変わる過程を描いた。故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の若い時代と「釜林事件」をモチーフにした作品だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 29日 10:29