[K-POP] デビュー10周年を迎えた東方神起が来年1月に正規7集でカムバック

東方神起が来年1月6日に正規7集アルバム『TENSE』を発表することを明かし、東方神起の新しい音楽とステージを待っている世界中のファンから期待が集まっている。

今回の7集アルバムは、2012年9月の『Catch Me』以降久しぶりに発表するアルバムだ。12月26日にデビュー10周年を迎えた東方神起のさまざまな音楽を楽しむことができると同時に、10年間トップに立ち続けた東方神起のストーリーが収められている特別な歌も収録されており、注目が集まっている。

7集アルバムのタイトル『TENSE』は、「10th Anniversary(10周年)」の「10th」の発音と「緊張した、神経質な」という意味を兼ねている。10年が経った今もすべてのステージで緊張感を忘れず、最善を尽くす東方神起をうまく表現している単語である。

東方神起は2013年にアメリカ、チリ、中国、マレーシアなどでワールドツアーコンサートを行い、ドラマ、バラエティなどでも活発な活動を行ってきた。

日本でも幅広く活躍し、海外歌手としては初めて日産スタジアムで公演を開催した東方神起。2013年に行った日本公演ではなんと85万人の観客を動員し、韓国歌手の最大観客動員記録を打ち立てた。記録を常に更新し、新しい歴史を作っている東方神起の7集活動に期待が集まっている。

一方、東方神起は来年1月3日のKBS『ミュージックバンク』を皮切りに1月4日『ショー!音楽中心』、1月5日SBS『人気歌謡』などでステージを披露する予定だ。




Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 26日 11:46