[映画] ラブコール殺到のパク・シネとユ・ヨンソクの次回作映画が決定

映画『尚衣院』(イ・ウォンソク監督)側がハン・ソッキュ、パク・シネ、ユ・ヨンソク、マ・ドンソクをキャスティングしたことを発表した。

ルールと法律を重視する“オチムジャン(朝鮮時代の衣装係)”ドルソク役はハン・ソッキュ、生まれ持った才能と卓越した感性を持った天才“オチムジャン”コンジン役はコ・スが演じる。年を重ねるほど演技の深さが増すハン・ソッキュと幅広い演技で注目を浴びているコ・スのアンサンブルに期待が集まっている。

策略と戦いが絶えない戦場のような宮城で、ドルソクとコンジンの服をめぐって起こる事件に巻き込まれる王をユ・ヨンソクが演じ、パク・シネが王妃を演じる。『応答せよ1994』で今全盛期を迎えているユ・ヨンソクと『相続者たち』で人気を集めている次世代女優パク・シネが『尚衣院』への出演を決定し、二人の新たな変身に期待が集まっている。

また、コンジンを宮城に連れてくる商人役には存在感のあるマ・ドンソクがキャスティングされた。

『尚衣院』は、映画『男子取扱説明書』でずば抜けた演出力を発揮したイ・ウォンソク監督の2番目の作品だ。イ・ウォンソク監督は「耽美、愛、嫉妬、欲望などの時代を超えて共通する普遍的な感情を『尚衣院』で共感してもらえるように描きたい」と明かした。

一方、『尚衣院』(仮題)は朝鮮時代の王室衣服を作る尚衣院で美しい服をめぐって繰り広げられる愛、才能、嫉妬、欲望を描いた時代劇作品だ。来年1月にクランクインする。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 26日 11:38