[K-POP] MBLAQミルの自作曲「Come On」音源公開、“ヒップホップと伝統民謡の融合”??

12月24日24時、MBLAQはクリスマスイブを迎えるにあたり、先月ソウルで行われたMBLAQグローバルツアーのソロステージで披露されたミルのソロ曲「Come On」をYoutubeチャンネルで公開した。

ミルの自作曲「Come On」は、強烈なサウンドのビートに韓国伝統民謡と民謡の掛け声が融合した新鮮なヒップホップ曲だ。ミルが作詞作曲に参加し、プロデューサーとしての才能を見せた。ミルにとっても思い入れのある曲だという。

韓国伝統のタルチュム(タル=仮面、チュム=踊り)をヒントにした振付とミルのラップが融合した「Come On」のステージは、公演直後から音源公開のリクエストが殺到していた。

所属事務所は、「今まで所属事務所とミルは「Come On」をどのような形で紹介するか悩んできたが、クリスマスを迎えるにあたって、1年間MBLAQを応援してくれたファンの皆様の愛に応えるためにミルが代表して特別なプレゼントを公開した」と説明した。

一方、MBLAQは2014年上半期のカムバックを目標に、カムバックの準備に取り掛かっている。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 24日 15:00