[芸能] 2PMジュノが指を負傷、「撮影中に病院直行し3針縫った」

12月19日、2PMの所属事務所JYPエンターテイメントの関係者は、newsNとの通話で「ジュノが映画『俠女:刀の記憶』(原題)の撮影前に武術の練習をしていたところ、指を少し負傷した。深刻な怪我ではない。すぐに病院に行って3針ほど縫った」と明かした。

映画『俠女:刀の記憶』(パク・フンシク監督)を撮影中のジュノは15日に指を負傷したが、現在は包帯を巻いて撮影に臨んでいるという。

関係者は、「大きな怪我ではないので、心配しなくても大丈夫だ。最近ジュノが『俠女:刀の記憶』の撮影のため、ソウルと地方を行ったり来たりしている。今月末に映画の撮影が終われば、来年日本で発売される2PMの3rdアルバムの準備に取り掛かる。2月からは日本の3つの都市でアリーナツアーも行う」と話した。

一方、『俠女:刀の記憶』は、映画『監視者たち』でスクリーンデビューしたジュノの2作品目となる映画だ。高麗時代末、目の見えない刺客ソルランと彼女のもとで育った少女の2人がドッキという人物に復讐をするアクション映画だ。イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ゴウン、ジュノなどが出演する。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 19日 15:56