[ドラマ] イ・ボムス - ユナ主演『総理と私』、笑いと感動の絶妙な展開が“好評”

KBS(韓国放送公社)第2テレビの月火ドラマ『総理と私』が笑いと感動で視聴者を魅了している。
今月17日午後に放送された『総理と私』第4話は、国務総理のクォン・ユル(イ・ボムス扮)と“スキャンダルニュース”記者のナム・ダジョン(ユナ扮)が契約結婚をして本格的な第2幕の始まりを告げた。

ユルの2番目の娘クォン・ナラ(チョン・ミンソ扮)が洗剤入れの中に瞬間接着剤を入れたためユルとダジョンの手がひっつき、それを引き離すやりとりで視聴者を爆笑させた。一方、結婚の過程では、感動的な場面で視聴者たちの涙腺を強く刺激した。結婚の挨拶でユルは義父のナム・ユシク(イ・ハヌィ扮)に「大切な娘さんをいただき感謝する。他の約束はできないが泣かせるようなことは絶対しない」と語りかけた。結婚式場では脳腫瘍で余命の迫っているユシクが娘のダジョンを思い出せない様子が描かれ、視聴者の胸を熱くさせた。しかしその後、初雪とともにユシクが気を取り戻すという奇跡が起き、娘の手を取って結婚式場に入場するという劇的な展開で感動を呼んだ。笑いと感動を同時に感じられるストーリーで、視聴者からの好評は上々だ。

『総理と私』は、イ・ボムス扮する最年少国務総理のクォン・ユルとユナ扮する熱愛専門パパラッチ記者のナム・ダジョンが結婚することで繰り広げられるエピソードを描いたロマンチック・コメディードラマ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 18日 13:57