[芸能] EXOベクヒョン「ダンス曲からバラードになって楽だ」意外な理由とは??

12月17日に放送されたMBC FM4U『正午の希望曲キム・シニョンです』には、EXOのメンバーが出演した。この日のラジオでDJキム・シニョンはベクヒョンに対し、「ダンス曲からバラード曲をやることになって楽になったか」という質問をした。

ベクヒョンは、「そうだ。僕はインイヤーテープ(耳にイヤホンを入れて固定するテープ)が嫌いだ。バラードを歌う時にはインイヤーテープをしなくていいから良い」と答えた。この発言に対し、キム・シニョンは「ただそれだけの理由?」と突っ込み、笑いを誘った。

また、ベクヒョンはインイヤーテープをつけると首を思い通りに動かすことができないというテープの短所を明かし、キム・シニョンはこの意見に共感した。

一方、EXOは12月9日に冬のスペシャルアルバム『12月の奇跡』を発売し、活発に活動している。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 17日 17:38