[K-POP] “完全体”では最後のKARA、別れのあいさつはなかった

KARAが事実上“完全体”では最後となるステージで別れのあいさつはしなかった。

KARAは14日、ソウル・蚕室(チャムシル)室内体育館で行われたDSPメディアファミリーコンサート「DAPフェスティバル」のステージに上がった。

年が変わればこれ以上5人組のKARAを見るのは難しい状況だ。ニコルはすでに所属事務所とKARAから離れ1人立ちすると宣言した状態だ。ニコルは先月、神戸での公演で正式にチームからの脱退を明らかにした後、涙を流し「つらい時もあったが大切な思い出を作ることができてうれしい。これからも努力していく。見守ってほしい」と述べた。
最年少のジヨンも来年4月に契約が終了するタイミングで海外留学に行く考えを明らかにした状態だ。まだ再契約の可能性は残っている。スンヨン、ギュリ、ハラはDSPの意向に沿うことを決心した。

ニコルはこの日のステージで「別れのあいさつ」はしなかった。契約期間満了と関連した具体的な言及はなく、「先輩たちと一緒に立つことになりうれしく光栄だ。リハーサルの時はとても震えた。特別でどこでも見られないステージが準備されているので期待してほしい」と話した。

オープニングとエンディングを務めたKARAは『STEP』『Lupin』『Jumping』『淑女になれない』『Honey』『Pretty Girl』『Mr.』などヒット曲パレードを繰り広げた。また、所属事務所の先輩に当たるFin.K.Lの『永遠の愛』まで披露した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 15日 10:31