[芸能] DUKE キム・ジフンさん所属事務所“検視は望まない”

男性デュオDUKEのキム・ジフンさん(38)の突然の訃報を受け、所属事務所が公式の立場を明かした。

GFエンターテインメントは13日、公式資料を通じて「故キム・ジフンの突然の死により遺族はもちろん事務所の関係者や知人も悲しみを隠すことができない。故人の冥福を祈っている」と伝えた。

キム・ジフンさんは12日午後1時34分頃、ソウル奨忠洞(ジャンチュンドン)にあるホテルの浴室で首をつって死亡した状態で発見された

故キム・ジフンさんは、1994年にグループTwo Twoでデビューし、1stアルバム「1と2分の1」、2ndアルバム「浮気者の女」などでスターダムを駆け上がった。
2000年にメンバーのキム・ソクミンと一緒にDUKEを結成して活動していた。だが2005年には麻薬問題で議論に包まれ、2008年に結婚した元妻イさんとはわずか2年6か月にして離婚した。

所属事務所は「12日午後1時頃にホテルで首を吊った状態で発見された。他殺の形跡がない点、故人が約1年間うつ病で苦しんできた点、そして睡眠導入剤を常用していた点などを考慮し、自殺と判断された」と説明した。

引き続き「これに伴い、遺体の損傷を憂慮して遺族は解剖検査を望んでいない。最初に発見したのは後輩の知人だ。 故人が安らかに永眠できるよう憶測は控えてほしい」と伝えた。

故人の出棺式は、14日午前9時30分に行われる。京畿道(キョンギド)城南(ソンナム)市にある城南ヨンセン院で火葬された後、盆唐(ブンダン)のスカイキャッスルに安置される予定だ。

写真=写真共同取材団

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 13日 16:48