[K-POP] EXOの快進撃はどこまで? 東方神起・SUPER JUNIORと比較すると…(1)

デビュー2年目のグループのEXO(エクソ)の快進撃が続いている。9日、新作『12月の奇跡(Miracles in December)』を公開し、タイトル曲『Christmas Day』で音源サイトのリアルタイムチャートの首位に立った。EXOは今、音盤チャートで最も勢いのあるグループだ。韓国のハンターチャート、ホットトラックス(HOTTRACKS)、シンナラレコードなど主な音盤チャートを総なめにした。新譜は予約注文数だけで40万枚に達したことが伝えられた。普通ではない上昇の勢いに、EXOに向けられている視線も「デビュー2年の新人グループ」から「K-POPをリードする最旬グループ」に変わった。

韓国の日刊スポーツが創刊を記念して歌謡関係者を対象に調査した「歌謡ブランドパワーランキング」では、SMエンターテインメント、YGエンターテインメント、メロン(Melon)、G-DRAGONに続き総合5位に入った。歌手では4位を占めたG-DRAGONに次いで2番目に高い順位だ。関係者がEXOの人気を普通ではないと見ているという意味だ。11月に開かれた『2013 Mnet Asian Music Awards』では、大賞格に当たる「今年のアルバム賞」を受賞してその人気に太鼓判を押された。所属事務所のSMエンターテインメントの「必殺技」に位置づいたEXOの爆発的な人気の実態に迫ってみた。

▼ EXOの人気は先輩グループを超えるか

EXOの人気を東方神起やSUPER JUNIORら超トップ級の先輩グループと比較してみよう。先にファンの多さが現れる音盤販売量だけを見てみると、すでに先輩の人気を追い越したという意見が支配的だ。EXOが9日に発表したスペシャルアルバム『12月の奇跡』は予約注文だけ40万枚(韓国語版24万3220枚、中国語版15万8010枚、SMエンターテインメント集計)を越えた。9日付のハンターチャートなど音盤チャートでも圧倒的な首位入りを果たした。これに、今年発表したファーストアルバム『XOXO』(リパッケージを含む)のアルバムセールスを合算すると、今年1年の音盤総売上はなんと130万枚にも達する。2位グループを100万枚近く引き離した数値だ。ガオンチャートのアルバム販売ランキングでは、EXOが今年発表した4枚のアルバムは全てトップ10に入った。音盤不況時代に東方神起やSUPER JUNIORらも果たせなかった偉業を成し遂げた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 11日 16:36